とおたん52のブログ

とおたん52のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一命

暗い中に朱の彫り、牛鬼のような墨の絵、陽はあたらない。裸足で木の床を歩く、重く響く音。始めと終わり以外、ほとんど音楽が聞こえた記憶がない、音が空気を造っている。そこに半四郎の深い声。
三人に子供が生まれ、束の間の温かな幸せな日、孫を抱く半四郎の喜び、それを見て微笑む二人、こちらも嬉しくなりにやけた顔に。本当に温かく、自分の家でもニコニコしていられたら、と心が言った。それと冒頭の目を背けたくなる痛さ、終盤の哀しさ、悔しさ、絶望の深さとの乖離の大きさが際立った。いや、見終わって心に残るのは、うきうきするょうなあの幸せな頃。境遇は自分で選ぶ余地はなかった、ただ偶々そちら側に居たばかりに…。しかし彼等はただ生き、春を待っていた。あの喜びの日々がまた来ると信じて。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/11(金) 01:15:07|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。